イージーラーメン橋の概要

橋梁上部工と橋梁下部工を剛結合し、上下部一体構造とした複合門形ラーメン橋です。
上部工は、イージースラブ橋構造を採用しています。下部工は、直接基礎、杭基礎、矢板基礎などの基礎形式に対応可能です。

【構造種別】SRC橋(鉄骨鉄筋コンクリート橋)

ERB 構造イメージ図

画像をクリックすると拡大表示されます。

適用条件

支間長5~25m程度
斜角90°~75°
平面形状直橋、斜橋、バチ形橋、隅切部を有する橋梁(枝桁)にも対応可能
橋梁種別車道橋、歩道橋、農道橋など
構造形式単径間ラーメン構造、多径間ラーメン構造
基礎形式直接基礎、杭基礎、矢板基礎 ※ただし、矢板基礎は堀込河道の場合のみ可

工法の特長

1. 上部工にイージースラブ橋構造を採用

  • 上部工にイージースラブ橋構造を採用しているため、従来工法に比べて、低桁高、現場工期短縮、
    狭小箇所での施工が可能といったイージースラブ橋のメリットをそのまま生かしています。

2. 耐震性の向上

  • 上下部一体構造であるため、単純橋構造に比べて耐震性に優れています。

3. 下部工寸法の縮小

  • 上下部一体構造にすることにより、下部工サイズの縮小や基礎杭本数を低減することが可能です。

4. 周辺環境への影響を最小限に

  • 低桁高、工期短縮、下部工サイズの、仮設工(土留工、締切り工)を縮小・省略できるため、
    周辺環境への影響を最小限にすることが可能です。
  • 分割施工ができるため、架換工事において仮橋を省略することも可能です。

5. 支承、伸縮装置、落橋防止装置等が不要

  • 支承、伸縮装置、落橋防止装置等が不要となるため建設コストや維持管理コストの低減が可能です。

施工フロー

鋼管杭・鋼矢板併用基礎式の施工例

イージースラブ橋施工フロー

安全性検証実験

上下部剛結部の安全性検証公開実験

平成19年12月
金沢大学工学部にて

門型ラーメンモデル
門型ラーメンモデル

隅角部モデル
隅角部モデル

金沢大学工学部大型構造物実験室にて
金沢大学工学部大型構造物実験室にて

単純構造とラーメン構造の荷重支持機構の違い

単純橋構造モデル

ラーメン橋構造モデル

コスト縮減提案例

コスト縮減例 1

直接基礎式単純橋 → 杭基礎式門型ラーメン橋

コスト縮減例1

コスト縮減例 2

杭基礎式単純橋 → 杭基礎式門型ラーメン橋

コスト縮減例2

コスト縮減例 3

杭基礎式単純橋 → 矢板基礎式門型ラーメン橋

コスト縮減例3

top